本文へスキップ

情報ランナー[様々なイベント情報等をご提供します]

TEL. 096-322-0120

〒860-0016 熊本市中央区山崎町66番7号

「平成29年度 情報発信基礎力向上研修」
〜ネット社会の今だからこそ求められる『読む』『書く』『話す』を
中心とした「情報発信術」を身に付ける研修事業の開催〜

のご案内

概要

ソーシャルメディアに代表されるように、今や、インターネット上で誰でも簡単に、画像、動画等、多様なメディアを取り扱いつつ、情報発信ができるようになっています。しかしながら、そのような現状においても、やはり情報発信における最もポピュラーな媒体は、依然として「文字(言葉)」が中心ではないでしょうか。いかに素晴らしいデザインの画像、高精細な動画をアップしたとしても、それに添える文に魅力(説得力)が全くなければ、利用メディアの効果も十分に機能しない、あるいは、逆にグッとくるような文を添えることができれば、メディア利用効果がよりアップする、といったこともあるのではないでしょうか。本研修は、ソーシャルメディアはもとより、電子メール、あるいは組織内における様々な業務報告等、いわゆる多様な「情報発信」を対象とし、

「その内容は本当に相手にきちんと伝わっているのか」
「どうすればもっと効果的に相手に伝えることができるのか」

といった点に焦点をあて、情報発信の基本である「読む」「書く」「話す」の基礎力を改めて身に付けてもらうことを目的として開催させていただくものです。このような内容に関する研修の機会が、地域であまり身近にないと思われる観点から、本研修事業は、(一社)九州テレコム振興センターにて、これまでずっと九州各県にて開催してきているところです。平成29年度は下記の通り長崎県での開催となりますが、多くの皆様のご参加お待ちしております。


日時/場所

日時:平成30年1月18日(木)13:30〜17:00
場所:長崎県庁(新庁舎)301会議室(長崎県長崎市尾上町3-1)


プログラム


【研修テーマ】
『伝える』から『伝わるへ』〜仕事に役立つ情報発信術〜

【概要】
「書く、話す」を中心とした情報発信における表現上の基礎力、色々な場面で応用がきく“知の素っぴん力”を身につけ、相手に確実に「伝わる」ための情報発信のワザを、実際の新聞記事等を素材に、座学スタイルだけでなく、全員参加型のワークショップ形式を取り入れた内容で実施します。

【講師】
熊本日日新聞社 編集局 NIE専門委員
熊本大学客員教授、熊本学園大学招聘教授
越地 真一郎 様

※平成28年度開催風景等


主催団体等

【主催】(一社)九州テレコム振興センター(KIAI)
【後援】長崎県


参加申込方法

1月12日(金)までに、こちらからお申込みください。

※参加費:無料
※定 員:40名程度(先着順で受付いたします。)
定員になり次第、受付を締め切らせていただきますので予めご了承願います。