本文へスキップ

九州テレコム振興センター(KIAI)は内閣府認可の非営利型一般社団法人です

TEL. 096-322-0120

〒860-0016 熊本県熊本市中央区山崎町66番7号

会員向けWebマガジンKey−Eye

Key−Eyeとは?
 これからの九州の情報化推進に向け、ひとつの「鍵(Key)」となる、あるいは新たな「視点(Eye)」となる話題を提供していこうとする思いを込め、「Key-Eye」というネーミングにさせていただきました。

◆Key-Eyeあるメッセージ(ICT分野有識者による全4回のコラムを掲載)

2018年度執筆者「尾家 祐二 氏」
国立大学法人 九州工業大学 学長

2018年度からスタートした「Key-Eyeあるメッセージ」の最初の執筆者である尾家様からいただいた第三回のコラムは「情報システムと人の共生のためのデザイン」、をテーマとして寄稿いただきました。

[記事全文はこちらから]

*Key−Eyeあるメッセージのバックナンバーはこちら

◆Key-Eyeあるトピックス(全国各地の様々なICT分野のトピックスを掲載)

「森のくまさんズ」

ヒグマと人との共存を目指すため、地域の様々な関係者が連携し、開発・運用している「ひぐまっぷ」の概要についてご紹介していただきました。

[記事全文はこちらから]

*Key−Eyeあるトピックスのバックナンバーはこちら

◆Key-Eyeある人(ICT分野で活躍されている産学官関係者の熱い思いを掲載)

「森田 均 氏」
長崎県立大学国際社会学部 教授

永年、ITSの研究開発を通じた豊かなまちづくりに取り組んでおられる森田様の熱い想いを投稿していただきました。

[記事全文はこちらから]

「渡辺 律子 氏」
公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
副所長


未来に向けた子どもたちの情報活用能力育成に向け、幅広い活動を進めておられる渡辺様の熱い思いを投稿していただきました。

[記事全文はこちらから]

*Key−Eyeある人のバックナンバーはこちら

◆Key-Eyeあるまちづくり(九州でのICTを活用した様々な地域づくりをご紹介)

「えびすFM」
株式会社コミュニティジャーナル 代表取締役
池田 眞由美 氏
 

既存メディアの価値観に縛られず、地域を元気にすることを大きな目的として活動を続けている「えびすFM」様の熱い思いを投稿していただきました。

[記事全文はこちらから]

*Key−Eyeあるまちづくりのバックナンバーはこちら

【主要活動報告(平成30年8月〜平成30年10月】

                   
地域ICT/IoT実装推進セミナーin佐賀 他4件

[詳細はこちらから]

*主要活動報告のバックナンバーはこちら

【ICT関連データ】


 各種統計データ


【編集後記】

第7回の九州地域情報化研究部会は「情報銀行」をテーマとして開催させていただきました。「データ銀行」ではなく「情報銀行」というネーミングとなっている点については、個人的に大変納得のいくところです。KIAIのデータ分析研修事業ではいつも最初に説明していますが、データと情報の違いとはフォーマット云々といった観点ではなく、「受け手にとって何らかの意味(価値)を持つか否か」という境目で生じてきます。情報銀行に預けられている中身のほぼ大半は「データ」でしょうけれど、それを「情報」として求める対象者がいることから「銀行」という生業も成立する訳ですね。情報銀行自体の仕組み・制度等に関しては、今後まだまだ多方面からの検討が進んでいくことと思われ、現状としての普及展開の予測はまだ良くわからないところですが、人々がデータと情報というものを改めて考えるひとつの良いきっかけにもなったのではないかと思うところです。買い物をしてポイントをもらう、ということは何かお得な感じもしますが、個人の購買データをポイントで売った、という見方で考えれば、果たして本当にお得だったのか・・・、といった疑問も生じるところです。そのうち、「ポイント付与はいらないので、自分の購買データは〇〇情報銀行の方に預けて欲しい」といったやりとりがレジで行われるかもしれません(笑)。日々の社会経済活動の中で何気なく創出されている様々なデータ、それらは誰にとってどんな意味を持つものなのか、そういったことを我々一人一人が少しずつでも考えていくことが、実はIoT進展を牽引していく大きな力の源になるのかもしれませんね。

*これまでの編集後記


バナースペース

九州テレコム振興センター
(KIAI)

〒860-0016
熊本県熊本市中央区
山崎町66番7号

TEL 096-322-0120
FAX 096-322-0186

スマートフォン版